身体を作っているたんぱく質のうち、約30パーセントを占めているのがコラーゲンです。

 

皮膚の弾力はこのコラーゲンによるものですから、美容成分としてはすっかりおなじみの存在です。

 

肌に多く存在していることはよく知られていますが、骨や軟骨を作る為にも欠かせないたんぱく質です。

 

 

コラーゲンが不足すると乾燥肌になる?

 

体内のコラーゲンが不足すると起こる症状の一つが、乾燥肌です。

 

コラーゲンは高い保水機能を備えていますが、これが不足してしまうと皮膚の水分量が保てなくなり、肌がカサカサになってしまうのです。

 

潤いとハリを喪失した肌はたるむようになり、しわにも悩まされるようになります。

 

 

コラーゲン不足が起こる原因は加齢や更年期、生活習慣の乱れなどです。

 

女性ホルモンのエストロゲンは真皮にあるコラーゲンの生成をサポートするので、更年期になると肌の老化や感想が一気に進行します。

 

髪の毛がパサついたり、肌のたるみが気になるようになったら、コラーゲンの合成量が減っているサインです。

 

 

コラーゲの不足を解消するには?

 

若いころに比べてコラーゲンを作れなくなっているなら、コラーゲンサプリメントで不足を補ってあげましょう。

 

ふかひれや手羽先などの食品中にもコラーゲンは豊富に存在しますが、エイジングに必要な量を毎日補うためには、コラーゲンサプリメントを上手に利用した方が効率がいいのです。

 

 

肌の乾燥防止や、丈夫な骨や筋肉を作る為に欠かせないコラーゲンの摂取を目的にしたコラーゲンサプリメントは、現在多くのメーカーから発売されています。

 

コラーゲンサプリメントの選び方は、サプリメントの材料と形状、他の配合成分に着目することです。コラーゲンサプリメントの材料は、豚や魚の皮が使用されています。

 

コストパフォーマンスの面から安価な豚が材料になることが多いですが、体内の吸収率を考えると魚由来のコラーゲンサプリメントに軍配が上がります。

 

 

さいごに

 

毎日飲むものなので、形状も錠剤化ソフトカプセルの方がいいでしょう。

 

さらにコラーゲンの合成に不可欠なビタミンCもあるか確認しておきたいですね。